TOP / コラム一覧 / 「歯垢なしの日」に寄せて
「歯垢なしの日」に寄せて 「歯垢なしの日」に寄せて

「歯垢なしの日」に寄せて


2018年4月1日にアイオニック株式会社の特別顧問に就任した和泉雄一(東京医科歯科大学名誉教授)です。
歯周病は虫歯とならび歯科における二大疾患です。日本では7~8割の人に何らかの症状が認められる国民病とも言われています。
歯周病の原因となる細菌の塊が歯垢です。歯周病になると、歯ぐきが炎症を起こしたり、歯を支える骨が溶けて歯がグラつき抜けてしまうこともあります。
さらに、細菌が炎症を起こした歯ぐきから身体の中に入り、血流に乗って体内を巡ることで、循環器疾患や糖尿病、脳梗塞といった全身の病気を悪化させることがあります。
また、母親が重症な歯周病の場合は、早産による低体重児が生まれる確率が上がるというデータもあります。
歯周病の初期は自覚症状がなく、進行して初めて気づくことが多いので、早くから意識することが大切です。
「歯垢なしの日」をきっかけに、歯周病への理解を深め、日頃から「PREMIUMイオン歯ブラシKISS YOUⓇ」でしっかりブラッシング(歯磨き)をして予防につとめましょう。
歯垢の除去にはマイナスイオンの力が非常に効果的です。全身の健康はお口の健康から。お口の健康を守って、「スマイル100才Ⓡ」を目指しましょう。

その他のコラム

Other columns